福山雅治「家族になろうよ」が結婚式BGMの新定番に

今朝宮城在住のましゃ友さんからメールが届いて、
ライブの様子を教えていただきました。ましゃの優しさが溢れたライブで、
レポートを読みながら、涙が溢れてきました。

さいたまライブでも泣いてしまいそうです。
最近凄く涙もろくなってしまいました。年が取ったから?!^^;
宮城公演の次は…

The Live Bang!!ファイナル

を迎えます…
ましゃの21周年デビュー記念日ライブがツアーの千秋楽になりました。
さいたま公演…思い出のライブになりそうです。
ましゃに会えるまであと3日!!

ところで、2年前に参加した道標ツアーの千秋楽…
まるで昨日のことのようでした。

道標ツアー

久しぶりに2年前の記事を見たら、今の気持ちとは全く一緒です。
ツアーがもうすぐ終わって寂しいですが、最後まで楽しもう!と思ってます。

さて、今日のましゃニュースはこちらです!!

福山雅治の結婚ソング BGMで人気の理由は加速する「きずな婚」
http://www.oricon.co.jp/news/music/2003416/full/

オリコンによると…

「終盤の花嫁の手紙や花束贈呈といった感動的なシーンで
『家族になろうよ』の使用率が高まっている。

(中略)

 東日本大震災後、『家族のきずな』の大切さ、
 深さをあらためて実感したが、結婚披露宴の「両親への手紙」
 をイメージして書き下ろした自身初の結婚ソング。
 いまだ独身を貫く福山が日本人の心の機微をいち早く的確にとらえた同曲は、
 結婚式BGMの新定番として根付いていきそうだ。」

ウエディングBGMに関するアンケートによると、
「今、結婚式を挙げるとしたらBGMとして使ってみたい曲」と
「花嫁の手紙」朗読シーンで流したいBGM」の1位は
ましゃの「家族になろうよ」でした。

やはりましゃの「家族になろうよ」は今までの結婚ソングとは違いますね。
結婚が純粋な男女の恋愛感情だけではなく、
家族の絆を描いているから、初めて聴いたときに、とても心に沁みました。
結婚ソングというより、家族に贈る絆ソングではないのかと思ってます。

家族と愛媛公演に参加したときに、同じ場所で家族と一緒にこの曲を聴いて、
もう号泣しちゃいました…今週もライブで聴けるのを楽しみにしています。


この記事へのコメント