福山☆夏の大創業祭 2015 稲佐山 2015.8.29 ライブレポート

稲佐山ライブ会場レポートの続き!
14時に開場して、とてもスムーズに入場できました。
ちなみに今日は花道真横のB2ブロック!センターステージに近いブロックだから、ドキドキワクワクです。

初日は昼からずっと大雨が降っていて、地べたに座れなくて、立ったまま待つことにしました。
雨でギターもましゃも濡れてしまうから、雨が止んでほしいね。^^;

開演15分前に、何人かのスタッフがやってきて、未開封のタオルを持ってきました。
そしてましゃが滑って転ばれないように、スタッフがモップをかけて、
タオルで雨で濡れた花道の床の水を除去しました。スタッフも大変ですね。
雨に負けずに楽しもう!!

17時過ぎに開演ブザーが鳴り、ステージ手前から花火が上がり、
待ちに待った稲佐山ライブがやっとやっと始まりました。(T_T)
そのときに流れたオープニングSEは・・・「でんでらりゅうば」

6年前の稲佐山ライブでも「でんでらりゅうば」のインストルメンタルが流れてましたね。
そして2年後に発売されたベストアルバム「The Best Bang!!」に収録されています。
このオープニングSE、長崎で聴きたかった。

そしてステージの両側に設置されたスクリーンにオープニング映像が流れました。
前日WOWOWでオンエアされた映像を見ながら、オープニング映像の内容を書き起こしてみました。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Fukuyama 25th anniversary
Natsu no Daisougyousai 2015 Inasayama


・今をさかのぼること28年前、1987年夏の終わり
 「この街には何もない、わずか5ヶ月で就職した会社をやめ、故郷を旅立った」

・その3年後、『追憶の雨の中』でデビュー
 「長崎市公会堂を満員にする、そんなアーティストになるまで、
  長崎ではライヴをやらない。それは誰にも言わなかった。
 『自分との約束』だった。」

・そして上京から5年 1993.2 初の全国ホールツアー「WE'RE BROS. TOUR-約束の丘-」
 約1万7千人を動員

・その年の冬、故郷長崎市公会堂のステージに立った!
 そのライヴで1曲目に演奏されたのが5枚目のシングル『約束の丘』
 それは胸に秘めた『もうひとつの自分との約束』だった

・そして…デビュー10周年記念シングル「桜坂」が200万枚を越えるビッグヒットを記録
・遂に!「約束の丘」に立つその日が来た!

 2000.6.19 初の稲佐山ライヴ『10周年記念 福山的祭典 'FUKUYAMAGNUM稲佐山'』
 「帰ってきたぞ長崎!!」「サンキュー稲佐山!」

・でも故郷に帰るたびに感じていたのは、かつて自分が過ごした風景が消えて無くなりつつあること
 「自分っていうものを作ってくれた街の風景っていうものが、
  残念な事にどんどん無くなっていってしまう。
  大人になってから、しんどくなったり、辛くなった時の支えにしたい。
  あの時の想い出の風景が無くなってしまうっていうのは、
  心もとないし寂しいですよね。」

・『心が帰れる場所』を残しておきたいと思った

・18歳までの自分を築いてくれた長崎という街

・なぜ自分はこの街に生まれ育ち、なぜこの街を出ずにはいられなかったのか、
 18歳で長崎を出て、ちょうど18年、36歳…
 2008.4 長崎ふるさと大使に任命
 田上市長「長崎を元気にするため力を貸してほしい」
 けれど、故郷に背を向けた自分に、そんなことができるのだろうか?
 「なんで『残響』っていうタイトルが浮かんできたんだろうって考えたときに
  俺って想い出の中に映像と一緒に音が入ってるんだと思って、
  8月9日11時2分原爆が落ちた時間に毎年サイレンが鳴る。
  これが非常に象徴的なんですよね」

・様々な『音』をモチーフに故郷の歌を作り始めた、いつか歌いたい
 デビュー当時からそう思っていたあの歌とともに
 同じ頃、長崎ではある署名活動が行われていた
 長崎青年協会による「動かんば長崎!」
 それは暗いニュースの多かった長崎を元気にする為に、
 福山雅治のライヴを開催しようという呼び掛けだった
 3ヶ月で集められた6万3116人分の熱い声が届けられた

・「いろんな意味で重いよ」

・18歳で故郷に背を向けた自分を故郷が必要としてくれていた
 そんな地元の人たちの熱意・想いに音返ししたい

・「自分自身ができるエンターテイメントという仕事で
  故郷に何か返せることが少しでもないかな」

・2009.8.29/30 初の稲佐山2DAYSライヴ『福山☆夏の大創業祭 稲佐山』
 長崎市稲佐山公園野外ステージ

・唯一の心残りは2度目の稲佐山ライヴまでに完成させることができなかった
 あの歌のこと。それは完成までにさらに5年の歳月を必要とした
 そして2014年遂に完成した。その生命の歌は、長崎の人々による『クスノキ』リレーソング
 長崎から世界へと 2014.8 ニューヨーク平和祈念式 Japan Choral Harmony「とも」歌い継がれた

・NHKラジオ第1 被爆70年 被爆の日 ラジオ特集「被爆者の心を受け継ぐ」
 「梶矢さんはある歌を聴かれて、とても深く感銘を受けたそうですね?
  この歌は被爆者を歌っていると思いました。非常に苦しい中で、
  戦後の中を耐えて耐えて生きた。それが'クスノキ'に象徴される
  被爆樹で歌われている中で、身にしみて心が震えるような感動を受けました。

・「この街には何もない」と旅立った故郷、でも離れてみてわかった
 25年間に渡る自分の音楽の礎を作ってくれていたのは
 この故郷だったことを

・「ありがとう長崎」

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 

過去に長崎で開催されたライブ映像、そしてインタビュー映像が流れて、
故郷の長崎を振り返りました。

前回の稲佐山ライブではヘリで登場したけど、今回はどこから登場するかな?と思っていたら?!
スクリーンに映ったのは、車から降りてきたましゃの足!
どこ?どこ?と客席からざわめきが起こり・・・なんとなんとましゃは会場の後方から登場!

ありがとうの言葉よりも
この感謝の気持ちを伝えるのならば、
やっぱりライヴしかないでSHOW!
福山☆夏の大創業祭2015
おかげsummerで25/46周年!
2015年8月29日(土)長崎・稲佐山公園野外ステージ


~ オープニング ~
「その笑顔が見たい」


花道先端ステージで・・・

一番新しい自分を一番誇れるように そうなれるように~♪

もうこのフレーズを聴いただけで、泣きそうになりました。(笑)
曲に合わせて手拍子が起こり、会場が一つになった!

1.HELLO

「HELLO」のイントロが始まった瞬間、
オーディエンスのテンションが一気に上がり、歓声が凄かった!(´∀`)
花道のセンターステージの近くのブロックから
赤・白・青・黄の風船が一気に舞い上がり、長崎の空を漂っていました。

2.虹

そしてましゃが花道を歩き、辿り着いたのはなんと花道のセンターステージ!
花道とセンターステージの真横のブロックにいるから、
目の前にいるましゃを見てて、オーディエンスの悲鳴が実に凄かった。
だって、テレビ画面越しではなく、福山雅治本人が目の前にいるんだ!
ましゃだ!本当にましゃだ!夢じゃないんだ!(笑)

【MC】

mashaicon.jpg 「帰ってきたばい、長崎!」

と長崎の空の下にましゃの第一声が響き渡りました。

mashaicon.jpg 「雨、すみません。太陽出てこいや!」

雨も少し収まってきて本当によかった。(´∀`)
6年ぶり3度目の稲佐山ライブ!日本全国47都府県全てから観客が訪れたという。
そしてアジアも!

mashaicon.jpg 「調べてみたところ、なんとですね、南米大陸とアフリカ大陸を除く、
  地球上の全ての大陸からいらっしゃってます。」


さすがましゃ!もはや恒例ですが、
男性は「福山」、女性は「雅治さん」、呼ぶ練習をしました。
そのとき!!

mashaicon.jpg 「お詫びのしるしとして、
  セットリストにはない曲をやってもいいですか?」


というましゃの問いかけにオーディエンスが歓声で応えました。
セットリストにはない曲・・・もしかしたら、あの曲?!

【長崎は今日も雨だった】

大正解です。(笑)ましゃが歌い始めると、オーディエンスが思わず笑っちゃいました。
これは雨の日ならではのサプライズですね。
あ~~を歌った後、「Come On」とましゃが言い、みんなで長崎は今日も雨だった~♪と歌いました。

mashaicon.jpg 「もうこれで雨降りませんね。
  でもみんなちょっと雨に濡れているよね?!
  気をつけながら、最後までじっくりたっぷり楽しんでね。
  みんなで太陽を引きずり出しましょう!」


ましゃが「長崎は今日も雨だった」を歌った後、だいぶ晴れてきたと気がします。
これは気のせいではないよね!!
次のコーナーはましゃの夏歌、そして長崎を舞台にした歌!

3.約束の丘

イントロのアレンジ・・・ズバリ言ってもいいですか?感動しました。(T_T)
サックスなどの金管楽器のソロ演奏、本当に素敵でたまらない。
やっとやっと稲佐山でこの曲を聴くことができて、もう嬉しくて泣きそうになりました。
ステージから客席にテープが噴出して、本当にきれいでした。

4.18 -eighteen-

長崎を舞台にした曲。
スタジアムライブでも聴きましたが、この曲は長崎で聴くとやはりどこか格別なものがあります。
日産スタジアムでも流れた映像が半円アーチのスクリーンに映し出されて、
映像を見ながら、ましゃの歌声とバンドの演奏を楽しんだ♪

5.遠くへ

演奏が始まる前に、「遠くへ」を紹介するVTRが流れてました。
スクリーンに映ったのは、ファンにお馴染みの原楽器店。
2階へ続く螺旋階段を登り、やってきたのは原楽器店の2階にあるライブホール。
ここはましゃが初めてライブした場所です。

偶然にも朝原楽器店に行ったときに、店主さんご夫婦のお言葉に甘えて、
ましゃが使ったスタジオやライブホールを見学させていただきました。
朝見たライブホールの映像がスクリーンに映し出されて、胸のときめきが止まらない。❤❤
映像を見た瞬間は色んなものが込み上げてきてウルッと来ました。
イントロはカントリー調のアレンジで、あまりにこの曲にピッタリで感動しました。

6.蜜柑色の夏休み 2015

fu uh uh 太陽が大きかった~♪
fu uh uh 稲佐山の夏休みです~♪


とましゃが歌い出すと、客席から大きな歓声が湧き上がりました。(´∀`)
8時6分発のヂーゼル汽車に乗りたかったけど、
ましゃは「無流行歌祭」のパンフレットのインタビューでも話したが、
8時6分はフィクションです。(笑)というわけで、前日は8時10分発のシーサイドライナーに乗って、
だんだん畑を見てきました。その風景を思い出しながら、この曲を聴きました。
長崎で聴く「蜜柑色の夏休み」、やはり格別です。

7.昭和やったね

ライブ前日、「昭和やったね」の風景が見たくて、
1時間ぐらいかけて大草駅から東園駅まで国道207号線沿いを歩いてみました。(笑)
歌詞の中に出てくる風景が目の前に広がったときの感動が蘇りました。

8.とりビー!

スタジアムライブの時もそうだけど、演奏が始まる前にとりビー!のVTRが流れました。
そしてましゃがアコギをかき鳴らすと…イントロはなんと「でんでらりゅうば」のメロディーでした♪
これは地元ライブならではのアレンジですね。キャプテンとのセッションが素敵でたまらない!

♪終わらない夏を くちづけて誓おう

とVenusの歌い出しを歌うましゃ。❤❤
スタジアムライブに参加したから、これはとりビー!とVenusのコラボだと分かりました。( *´艸`)
ビキニを着たヴィーナスがスクリーンに登場して笑いを誘った。(笑)

9.幸福論

イントロの鑑さんのピアノソロが可愛くて、もっと聴きたくなります♪
シンプルな演奏だけど、アレンジがとても素敵で、何回聴いてもやっぱりいい。

10.クスノキ

スクリーンに被爆クスノキが映し出されて、サイレン音が流れ、子どもたちの歌声が会場内に響き渡った。
ピアノの演奏が始まると、会場からは温かい拍手が送られて、
そしてましゃが歌い始めると、会場は一瞬でしんと静まりかえり、息を飲んで聞き入っていました。
ふと思い出しました。「クスノキ」が魂ラジで初めてオンエアされたとき、ましゃはこう語りました。

mashaicon.jpg 「メロディー自体は前回の稲佐山の時に既にあったんです。
  前回の稲佐山の時に未発表曲としてやろうかなと思ってたんです。」


この曲は元々新曲として6年前の稲佐山ライブで披露されるはずだったけど、
稲佐山ライブまでに完成できなかったという。
そして今日はやっと長崎でこの曲を聴くことができて、本当に胸がいっぱいになりました。
ステージに立つましゃはどんな思いでこの歌を歌ったのかな?

さらに感動したのは、夕日に染まる長崎の空。
なんと雨が止んで、晴れてきました!本当に奇跡です!

【MC】

mashaicon.jpg 「晴れてきたね!稲佐山!凄いじゃないですか?
  僕もその太陽を浴びてもいいですか?」


とましゃが問いかけて、花道を歩いてセンターステージにやってきました。
青いジャケットを着たとき、センターステージ周りの女性ファンがきゃ~と悲鳴を上げました。(笑)
そういえば、ましゃが3年前のファンクラブイベントのMCで「昔はメガネをかけるだけで、
ファンたちはきゃ~と悲鳴を上げたけど、今はシャツを着替えても、何も言われなかった。」
と言っていたんですが、そんなことありません!(笑)

mashaicon.jpg 「6年前に長崎、神戸、函館は日本三大夜景と言われてるけど、
  6年経ってなんと香港、モナコと並べて、
  世界新三大夜景に選ばれました!
  さらにグラバー園とジャイアント・カンチレバークレーン。
  俺は昔から知っているから。(笑)
  あれが世界遺産に登録されたんですよ。」


スクリーンにグラバー園とジャイアント・カンチレバークレーンの写真が映し出されて、
ましゃが嬉しそうに紹介しました。(*^_^*)

mashaicon.jpg 「子供の頃から慣れ親しんだ風景や街並みが世界に認められて、
  本当に誇らしい。さきほど歌ったクスノキも
  いつの日か世界遺産になっちゃったりして。しなかったとしても、
  僕とあなたの心の世界遺産としてずっと刻まれるといいね。」


ましゃのその一言に心揺さぶられました。(;_:)

mashaicon.jpg 「この奇跡の夕日、このマジックアワーを感じながら、
  バラードナンバーを何曲続けてお届けしたいと思います。」


11.蛍

長崎で撮った写真がジャケットになったナンバー。
そしてチェリーことGibson ES-335がステージに登場。
前半はほとんどメインステージにいたけど、センターステージに来てくれて本当に嬉しかったです♪

この曲をライブで聴くのは久しぶりだし、しかも長崎を舞台にした曲だから、
稲佐山で聴けて本当に嬉しくてしょうがない。
最も贅沢なのは、このマジックアワー中に至近距離でましゃの背中を見つめながら、この曲を聴くこと。
柔らかい演奏と優しい歌声にすっかり酔いしれてしまいました。これは夢なのでしょうか?

12.ひまわり

まさかこの稲佐山ライブで「ひまわり」が聴けるとは!(;_;)
ライブで聴きたかったから、やっとやっとやっとライブで聴けて本当に嬉しすぎます。

♪二人乗り遅れた あのバスは走ってますか

最近この曲を聴くと、必ず頭に思い浮かぶのが洋ちゃんこと大泉洋さんの質問…
「2番の歌詞のバスはどこに行ったんですか?」
曲に集中しないとあかんばい!あのバスはどこに行ったんだろうね…やはり気になります。(笑)
余談ですが、大泉さんもましゃの「ひまわり」が大好きだそうです。( *´艸`)

13.あの夏も 海も 空も

ましゃの夏ナンバーといえば、この曲は外せない。
沖縄ライブの時に初めて野外でこの曲を聴いて、とても印象に残りました。

客席に向かって歌うましゃ、曲の間奏や歌い出しの前によく振り向いてくれてました。
これは後ろのオーディエンスへの心遣いですね。
どの曲か覚えてないけど、一瞬だけましゃと目が合った!勘違いでも嬉しいですね。(笑)

そしてましゃが曲の合間に飲んでたのはお水ではなく、黄色いドリンクでした。
どうやらスポーツ選手もよく飲んでるスポーツドリンクだそうです。
お鼻がムズムズしてるようで、風邪引いちゃったかな?と心配していたんですが、
9月オンエアのトーキングFMを聞いたら、なんと初日のライブが終わってから、
ましゃの扁桃腺が腫れていたそうです。これもまた大変でしたね。(^^;

14.道標

アコギをかき鳴らして、「道標」のメロディーラインを演奏するましゃ…

人に出逢い 人を信じ 人にやぶれて
人を憎み 人を赦し また人を知る
風に吹かれ 泣いて笑い 生きるこの道
あなたの笑顔 それは道標


アカペラで「道標」のサビを歌い出した。そして金原千恵子さんがバイオリンでイントロを演奏し、
心地よい響きが会場に響き渡りました。 もうこの時点でぶわ~~!と涙が溢れてきました。💧

6年前の稲佐山ライブは残念ながら就活中だったので、参加できませんでしたが、
稲佐山ライブのDVDを見て、一番印象に残ったのがこの曲でした。
幸運にも6年後の今日、この約束の丘で道標を聴くことができて、一生の思い出になりました。

ましゃの歌声、天国にいる蜜柑のおばあちゃんに届くといいな。

【MC】

mashaicon.jpg 「夕焼けになったんじゃないですか?
  晴れないかと思ってたけど、みんな持ってるね。」


長崎を舞台にしたナンバーを立て続けに披露して、
続いてはニューシングル「I am a HERO」オリコン1等賞の報告。
そしてオーディエンスが初回限定盤のFukuyama 25thタオルを高く掲げました。

mashaicon.jpg 「ありがとうございます!
  一人ひとりの積み重ねで1等賞を頂きました。
  1等賞を頂いたニューシングルからの曲をやってもいいですか?」


15.その笑顔が見たい

「道標」の次はこの曲で本当によかった。バラードだと涙が止まらないから。(笑)
ニューシングルの中で一番好きな曲はやっぱりこの曲!
シングルを手に入れてから、毎日ヘビーローテーションしました。
そういえば、日産スタジアムで初めて聴いたときにウルウルしてしまいました。( *´艸`)

個人的に間奏のところのtututu tututututu~♪のコーラスが凄く好きです♪
ましゃは間奏の時にメインステージに向かってギターを弾いてるから、
至近距離でましゃのギタープレイを堪能してきました。❤❤❤
ちびちゃんのトランペット、村田さんのトロンボーン、
山本さんのサックス、多彩な音色にうっとり。(´∀`)

16.Prelude

アルバム「HUMAN」に収録されているインストルメンタルナンバー。
会場がサーチライトに照らされて、センターステージがゆっくりせりあがりました。

17.HUMAN

「Prelude」から「HUMAN」に突入。
オーディエンスが腕につけてる腕時計型LEDライトが光り始めて、
会場全体が光の海に包まれたようでとても美しくてたまらない。
最近ましゃのライブでよく使われたんですが、ネット調べてみると、
これは無線の電波を受信して、点滅したり色が変わったりする「シンクロライト」だそうです。
無数のレーザーが飛び交って、会場の熱気を一気にヒートアップ。

18.Revolution//Evolution

センターステージがゆっくり下がり、ましゃが気持ち良さそうにエレキギターを弾きまくる。
オーディエンスはタオルを持ってスタンバイして、ましゃは花道を歩き出して、後ろのブロックへ移動。

そして今さんとおぐちゃんがメインステージから花道にやってきて、
オーディエンスがタオルを振りまくりました♪こういう一体感がたまらないですね。
花道が雨に濡れてしまったので、ましゃの周りにいるスタッフがタオルで雨水を拭き取りました。
スタッフの皆さんも結構大変ですね。(^^;

19.GAME

イントロの演奏が始まると、オーディエンスがタオルを広げてスタンバイ。
花道先端のステージにたどり着いたましゃ、今回もサビのところでタオルを投げました。
マネージャーさんがましゃが投げたタオルを拾って、そしてましゃに渡す。
このパフォーマンスがもはや定番となっていますね。(笑)

20.ステージの魔物

曲を紹介するVTRが流れている間、ましゃが花道からメインステージに戻りました。
VTRに登場した牙のあるくちびるみたいなステージの魔物・・・
日産スタジアムで見たときに思わず笑っちゃいました。((* ´艸`))

この曲のイントロが最高にカッコよくて、生演奏だとやはり迫力が違いますね。
リズムに合わせて、ステージから炎が噴き出して、圧巻のパフォーマンスで会場を沸かせました。
ますますこの曲が好きになりました。

21.Cherry

山ちゃんのドラムから始まるこの曲、Gang☆やHEAVENに負けないぐらいセクシーですね。
主役のGibson ES-335が再びステージに登場。今回のライブで大活躍!
ましゃとおぐちゃんと今さんのギタープレイをたっぷり堪能しました。

22.I am a HERO

「I am a HERO」を紹介するVTRが流れて、イントロはましゃのギターソロ。
サビのところ、オーディエンスがリズムに合わせてタオルを振り回して、ボルテージが上がっていく。

カメラマンさんが花道を歩きながら、手持ちカメラでメインステージにいるましゃを撮って、
その映像がスクリーンに映し出されて、カメラワークが凄く良くてビックリ!
12月5日にWOWOWで放送されたスペシャル番組を見て知ったんですが、
その手持ちカメラの映像のブレを抑える撮影機器はMoviというらしい。

23.明日の☆SHOW

約束の丘でみんなで大合唱。
会場が一体感に包まれて、スクリーンに映し出されたオーディエンスを見ていて、
とても暖かい気持ちになりました

24.何度でも花が咲くように私は生きよう

この曲は去年の大感謝祭で未発表の曲として披露されましたね。
一年が過ぎるのが やけに早く感じて。まさにその通りです。
ステージ後方に設置されたスクリーンに映し出された映像も春っぽくて素敵でした。

【アンコール】

ましゃとバンドメンバーがバックステージに戻ったら、
オーディエンスの「もってこーい もってこい」の掛け声が会場に響き渡りました。
ちなみに長崎くんちの「もってこーい」は「アンコール」という意味があります。
しばらくすると、ましゃは赤い稲佐山Tシャツで再びステージに登場しました。

inasayamateered.png

mashaicon.jpg 「まだまだ元気じゃないですか?稲佐山!
  25周年のライブです!まだやってない歌があるんですよ。
  あの歌あってからこそ始まったんです!僕の始まりの歌!」


En-01.追憶の雨の中

デビュー25周年のライブだから、この曲だけは外せないですね!
ましゃが再び花道を歩き出して、聖水入りのコップを投げながら、
始まりの歌を熱唱!今日は雨がいっぱい降ってて、まさに追憶の雨の中ですね。(笑)
雨の日の野外ライブ、いろんな意味で貴重ですね。
曲のエンディングは「Wow Yeah~」のコールとレスポンス。
ましゃとオーディエンスの息がピッタリ!

En-02.少年

花道を歩いて、センターステージに戻ってきました。
そしてエレキギターをアコースティックギターに持ち替えて…

名も無き この歌 君への この歌~♪
もう一度 逢えたら 君だけに 届けよう~♪


と歌い出しました。オーディエンスの大合唱、何度聴いても感動しちゃいます。(;_:)
この曲を聴きながら、ましゃの背中を見ていて、自然と涙がボロボロと出てきました。
最後はもう一度名も無き~♪の大合唱。そのとき!色とりどりの花火がリズムに合わせて、
ステージから打ちあがり、会場は温かい歌声に包まれました。

【Wアンコール】

最強のメンバーを紹介して、全員で万歳三唱。
そしてましゃひとりがステージに残った。

mashaicon.jpg 「何回も言いますが、雨降らなかったね。
  もし雨が降ったら、今頃みんなは裸になって抱き合ってるよ。(笑)
  みんな持ってるね!さすがです!もう1発やらせてもらいます。」


En-03.Good night

夕べ稲佐山に行ったときに、ちょうどWアンコールのリハーサルがやってて、
偶然にこの曲を聴きました。スクリーンに長崎の夜景が映し出されて、
客席から感嘆の声が上がりました。「Good night」の弾き語り、本当にたまりません。
ましゃにとって初めてスマッシュヒットであり、初めて作ったラブソングでもあります。

やさしいアコギの音とましゃの歌声が開場をやさしく包み込んでいく。
この曲でライブを締めくくって、本当に最高でした。
実はWアンコールのリハーサルでもう1曲歌いました。明日のライブで歌うかな?

mashaicon.jpg 「本当に何回も言いますが、雨降らなかったね!
  とはいえ、山だから寒くなると思うので、
  みんな気をつけてお帰りください。帰るまでがライブですから。」


そしてましゃがステージに設置されたカメラの前にやってきて、
カメラにサインして、メッセージを書き込んだ。

ありがとう稲佐山
Masaharu Fukuyama 2015.8.29


mashaicon.jpg 「今日は本当にありがとう!
  また逢いましょう!またやりましょう!」


最後はお約束の投げキス。そしてましゃがステージを後にしました。
そしてスクリーンにましゃの手書きメッセージが映し出されて・・・

「また逢おう!またやろうな!!
   Masaharu Fukuyama
     2015.8.29 稲佐山公園野外ステージ」


ましゃをはじめ、バンドメンバーとスタッフの皆さん、素敵なライブをありがとう!!
「Heart」のインストルメンタルが流れる中、花火の音が聞こえてきました。
後ろを振り向いたら、大輪の花火が長崎の夜空に輝いた。
ましゃもバックステージでこの花火を見てたでしょうね。(*^_^*)

数時間に雨の中で待機して、靴も靴下も濡れてしまったけど、
ましゃがステージに登場したときに、太陽が出てきてくれてまさに奇跡でした。

奇跡はそれを信じる人にだけ訪れる

まさにその通りです!そんな素敵な奇跡を見せてくれたましゃに感謝です。
忘れられない時間をありがとうございました!❤❤


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ありがとうの言葉よりも
この感謝の気持ちを伝えるのならば、
やっぱりライヴしかないでSHOW!
福山☆夏の大創業祭2015
おかげsummerで25/46周年!
2015年8月29日(土)長崎・稲佐山公園野外ステージ セットリスト


1.HELLO
2.虹
3.約束の丘
4.18 -eighteen-
5.遠くへ
6.蜜柑色の夏休み 2015
7.昭和やったね
8.とりビー!
9.幸福論
10.クスノキ
11.蛍
12.ひまわり
13.あの夏も 海も 空も
14.道標
15.その笑顔が見たい
16.Prelude
17.HUMAN
18.Revolution//Evolution
19.GAME
20.ステージの魔物
21.Cherry
22.I am a HERO
23.明日の☆SHOW
24.何度でも花が咲くように私は生きよう

【アンコール】
En-01.追憶の雨の中
En-02.少年

【Wアンコール】
En-03.Good night

この記事へのコメント

  • ゆゆ

    Happy new year!
    今年も楽しみにしています。
    とうとうライブ記事ですね。(*^▽^)/★*☆♪
    数時間前の興奮さめぬまま、この記事見て、さらに、興奮がよみがえりました。
    冬の横浜の旅も楽しみです。(気が早い!?)
    夏ライブの映像化も楽しみですね♪
    本年もよろしくお願いいたします!
    2016年01月01日 07:19
  • やまちゃん

    B2ブロックステージと花道に近くてよかったですね。
    前回はヘリコプターで登場だったので今回は・・・と思ったら
    車で後方から登場。盛り上がりましたね。

    前半雨がありましたけど「長崎は今日は雨だった」と「太陽を引きずり出すぞ」(長渕剛さんのコンサートの流で)という魔法で止んで
    本当によかったです。

    ひまわりは僕もびっくりしました。泣けましたね。
    2番の歌詞のあのバスは走ってますか・・・勝手に映像から
    長崎バスの最南端バス停「樺島」に行ったことにしてます。
    マシャがツーリングで行ったこともあるそうでそこには
    大うなぎがいるのですよ。

    Revolution//Evolutionでは公園内のマシャファンはともかく
    いろんな人がさまざまなタオルをまわしてました。
    小さい子供がミニタオルをくるくる回しているのには
    わらえました。


    今年も花火がしっかり上がり水辺の森からみた電波塔が
    カラフルに見えた一日でした。
    2016年01月03日 20:35
  • Kaori

    ゆゆさん>

    あけましておめでとうございます!
    やっとやっと稲佐山のライブレポを完成することができました!
    思ったより時間がかかってしまいましたね。(笑)
    ライブレポを書きながら、ライブの感動が蘇りました。
    本当に稲佐山でましゃのライブに参加できてよかったですね。

    冬の大感謝祭の旅行記も近いうちに書きたいです。(*^_^*)
    今年もよろしくお願いします!
    2016年01月05日 16:39
  • Kaori

    やまちゃんさん>

    初日は花道真横のブロックで参加できて、まるで夢のようでした。
    地元の方の情報によると、今回もヘリコプターで登場する予定だったけど、
    雨が降っていたので、ステージの後方から登場することになりました。
    後ろのブロックのオーディエンスがましゃとハイタッチできて羨ましいですね。(笑)

    何よりまさか長崎で「長崎は今日は雨だった」が聴けるとは!
    これは本当に嬉しいサプライズでしたね。
    しかも朝からずっと雨が降っていたけど、
    ましゃがステージに登場したとたんに晴れて本当に奇跡でした。


    そしてひまわりの映像!バス停が映ってたんだ!
    うっかり見逃してしまいました。後ほどもう一度WOWOWの映像を確認してみます!
    野母崎にある樺島、いつか行ってみたいですね。
    あの有名なうなぎさんにも会ってみたいです。(笑)

    ライブビューイングの会場でもオーディエンスがタオルを回しましたね。
    それは嬉しいですね。子供から大人まで楽しめて、本当に凄いイベントだなと思いました。(*^_^*)
    2016年01月05日 16:49