【桜咲く西日本の旅】2017.4.11 Day 5 足立美術館

5日目の朝、あいにくの雨模様ですが、雨に負けず楽しもう!💪

westjptrip_642.jpg

朝食はホテル内のレストランで和定食。🍴

westjptrip_643.jpg

ホテルのシャトルバスで玉造温泉駅に戻り、次の目的地へ移動。
しまねっこの看板が可愛かったから、思わずパシャリ。📷

westjptrip_644.jpg

勾玉のオブジェも素敵ですね。
いつかまた玉造温泉に来られたらいいな~♪

westjptrip_645.jpg

雨の中、JR特急やくもで玉造温泉から安来へ移動。

westjptrip_646.jpg

安来に到着してから、シャトルバスに乗り込んで、
次の目的地である「足立美術館」へ移動。

westjptrip_647.jpg

横山大観の作品と日本庭園で有名な「足立美術館」に到着。
雨はどんどん強くなり、土砂降り状態になりました。
案の定ずぶ濡れだった・・・😢

westjptrip_648.jpg

お荷物を全部ロッカーに預けて入館。
足立美術館の見所といえば、日本庭園!
創設者である足立全康氏の「庭園もまた一幅の絵画である」という言葉通り、
ここで日々刻々と変化する庭園を絵画に見立てて鑑賞することができます。

westjptrip_649.jpg

「枯山水庭」「苔庭」「寿立庵の庭」「白砂青松庭」「池庭」「亀鶴の滝」の
6つの庭園があって、毎朝開館前にスタッフが1時間かけて掃除するらしい。

westjptrip_650.jpg

順路に沿って歩いていくことに。
最初にやってきたのは、「寿立庵の庭」。

westjptrip_651.jpg

さらに進むと、目に飛び込んできたのは、杉苔を主体とした苔庭。
赤松が植えられていて、京風の雅やかな風情に包まれた庭園です。

westjptrip_654.jpg

「庭園もまた一幅の絵画である」という考えのもと、
窓枠が額縁に見立てられた演出が多いです。

westjptrip_653.jpg

美術館を創設した足立全康氏の銅像。

westjptrip_655.jpg

北村西望さんの「将軍の孫」。
ご存知かもしれませんが、長崎の平和公園にある平和祈念像も
北村さんによって造られました。

westjptrip_656.jpg

続いては足立美術館の主庭である「枯山水庭」にやってきました。
自然の山々と人工の庭園との調和が美しい庭園です。

westjptrip_657.jpg

枯山水とは、水を使わずに石や岩や砂などによって山や川を表現すること。
真ん中に配置されている三つの立石は峻厳な山を表し、
そこから流れ落ちる滝水はやがて、手前に広がる白砂へと流れ込むという。

westjptrip_658.jpg

美術館はガラス張りで、ベンチも設置されているので、
ベンチに腰掛けてお庭をゆっくり眺めることができます。

westjptrip_659.jpg

「生の額絵」
窓枠をそのまま額縁に見立てた生の額絵です。
手前のクスノキがいいアクセントになっていますね。

westjptrip_660.jpg

さらに進むと、「亀鶴の滝」が見えるところにやってきました。

westjptrip_662.jpg

早速亀鶴の滝を発見!
ちなみに亀鶴の滝は、横山大観の『那智乃瀧』という作品をイメージして、
借景となっている亀鶴山に開瀑した人工の滝です。

westjptrip_661.jpg

順路に沿って進みます。
屋根が付いているので、雨が降っていても大丈夫♪

westjptrip_663.jpg

しばらく歩くと、「池庭」に辿り着きました。

westjptrip_664.jpg

右手に見える建物は煎茶室「清風」です。
池庭池に架かる石橋も配置されている木々や石も何もかも美しい。

westjptrip_665.jpg

まるで絵画のような風景を楽しめます。

westjptrip_666.jpg

「生の掛軸」

westjptrip_667.jpg

最後の屋外展示は「白砂青松庭」という庭園です。

westjptrip_668.jpg

「白砂青松庭」は、横山大観の名作「白沙青松」をイメージした庭です。
天気の良い日は、青空と白砂のコントラストが美しい景色が見られます。

westjptrip_669.jpg

時間が限られていて、駆け足で見たんだけど、
横山大観の作品も日本庭園も魅力的で、ここに来て良かったって心から思います。
今度は天気の良い日にまた来たいな~♪
美術館のシャトルバスに乗り込んで、安来駅に戻ります!

westjptrip_670.jpg


この記事へのコメント