【桜咲く西日本の旅】2017.4.11 Day 5 二十世紀梨記念館 なしっこ館

5年ぶりの鳥取!最初に向かったのは、
梨をテーマにした博物館「二十世紀梨記念館 なしっこ館」。

westjptrip_684.jpg

博物館の併設ショップでは、生梨を始め、
プリン、ジェリー、ジュース、ケーキ、ラスクなどのお菓子など、
梨にこだわった様々なお菓子を取り扱っています。

westjptrip_685.jpg

館内に入ると、最初に目に飛び込んできたのは、
この博物館のシンボルとなる梨の巨木です。

westjptrip_686.jpg

梨の巨木の枝の広がりはなんと20mもあります!!

westjptrip_694.jpg

「梨と世界の人々」というエリアでは、
世界と日本の梨のレプリカが展示されています。

westjptrip_687.jpg

レプリカとはいえ、リアルです。

westjptrip_688.jpg

洋梨の展示もありました。
これ見てると、無性に洋ナシが食べたくなってきました。(笑)

westjptrip_689.jpg

韓国梨のブランドのダンボール箱も展示されています。
箱のデザインがきれいですね。

westjptrip_690.jpg

韓国の伝統儀式や行事になくてはならないのが
梨をはじめとする果物の高盛りです。

westjptrip_691.jpg

続いては「梨のキッチンギャラリー」というコーナーにやってきました。
ここで少なくとも3品種の梨を食べ比べすることができます。

westjptrip_692.jpg

本日の食べ比べ品種は「新興」、「愛宕」、「王秋」です。
どれも美味しかった♪

westjptrip_693.jpg

一年を通じて大切に育てられた二十世紀梨が食卓に届けられるまでの
プロセスを紹介する二十世紀ナシの栽培パノラマ。

westjptrip_695.jpg

続いてやってきたのは、梨と生きる「二十世紀梨」ものがたり劇場。
昭和初期のナシ農家を再現した劇場で
梨作りに人生をかけた一家の物語を楽しむことができます。

westjptrip_696.jpg

ロボットが凄くリアルでした。(笑)

westjptrip_697.jpg

物語が上映されると、ロボットが動き出します。

westjptrip_698.jpg

周りには実際に使用していた農具が並んでいて、当時の生活が伺えます。

westjptrip_699.jpg

かわいいにゃんこもいました♪

westjptrip_700.jpg

梨の巨木は2階まで大きく広がってます。

westjptrip_702.jpg

地下5メートルまで伸びた根も見ることができます。

westjptrip_701.jpg

個人的に一番楽しみにしていたのは、梨ソフトクリームを食べること。(笑)

westjptrip_703.jpg

鳥取二十世紀梨の果汁を使用したので、
梨の香りがしっかりしてて凄く美味しかったです。

westjptrip_704.jpg

外にも大きな梨の木があって、かなり迫力がありました。

westjptrip_705.jpg

記念館の外観はこんな感じ。

westjptrip_706.jpg


この記事へのコメント